医療情報

最強の新型コロナウィルス対策は早寝、やばいと思ったら寝る、と言うこと

コロナウイルスの電子顕微鏡写真のイメージ画像

 にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
↓正体が不明のウイルスの予防は部屋の空気から↓

(注意)この記事はヤマザキ先生の考えであり、科学的な検証が行われた結果ではありません。

大和ジム
大和ジム
新型コロナウィルスがやばくなっていますが大丈夫でしょうか?



ヤマザキ先生
ヤマザキ先生
日本政府の対応が遅かったため、もう既に日本中に中国人旅行者によって新型コロナウィルスは拡散しているので大丈夫ではないでしょう。

パンデミックの予感です。

ヤマザキ先生は全国の観光地同様

高山にももう広がっていると思っています。

スキー場は中国人観光客で溢れ

古い町並みも中国人観光客で溢れていました。

高山市には武漢から来た観光客が毎日何百人単位で来ていたようなので病院関係者には緊張が走っているようです。

中部空港には武漢からの直行便が来ていて、その人たちが観光バスで高山にやってくるからです。

今、まだ高山が話題にならないのは検査方法がなかったためで、来週から岐阜県でも検査ができるようになるらしく、どうなるかと病院関係者に緊張が走っていると言うことなのです。

ただし、不幸中の幸いで、今回の新型コロナウィルスは現段階では、普通に学校や会社に行ける健康な人であれば、通常の風邪程度の症状で治ってしまうらしい、と言うことです。

特効薬というものがないため、新型コロナウィルスに罹ったとしても、熱を下げるとか、痛みを和らげる、と言った対処療法しかないため、自己判断で乗り切れそうだと思ったら、新型コロナウィルスが蔓延している可能性のある病院に行くより、家で寝ていた方が良い場合もありそうです。

従って、ベストの対策は

新型コロナウィルスに罹っても

風邪の症状程度で押さえ込むために

自己免疫を高める

と言うことで、そのためには

早寝をする。
やばい!と感じたら早く寝る
とにかく寝る!
小学生は10時前に寝かせる!
寝たものが勝つ!

と覚えておきましょう。

日々の管理は既にもう何度も言ったので

過去の記事を見てください。

コロナウイルスの電子顕微鏡写真のイメージ画像
中国の新型肺炎(発症者千人超す 死者は41人)の予防方法はあるのか?   MafRakutenWidgetParam=function() { return{ size:'468x1...
コロナウイルスの電子顕微鏡写真のイメージ画像
新型コロナウイルスの対策法 MafRakutenWidgetParam=function() { return{ size:'468x160',des...



歯科衛生士